なすのお味噌汁

   

なすのお味噌汁

© 2016 キッチンわさび

皮に含まれるナスニンが活性酸素の働きを抑制しガンを予防する、血中コレステロール値の上昇を抑制するなどの効果があります。
ナスのアク成分、クロロゲン酸もポリフェノールの一種で生活習慣病の改善に役立つ成分なのでアク抜きしません。ただしその場合は切ってすぐに使います。

夏から秋にかけてはナスがおいしい季節。炒め物や揚げ物だけでなくお味噌汁にもピッタリです。
沸騰しただし汁に刻んだ茄子を入れることでお味噌汁の変色を防ぐことができます。
お椀に盛り付けたら刻みネギや刻みしょうがを少々散らすと綺麗です。

材料(4人分)

なす - 2本(長なすの場合は1本)
油揚げ - 1枚
だし汁 - 700㏄
味噌 - 大さじ3

つくりかた

  1. 油揚げは油抜きして刻んでおく。
  2. だし汁に火をかけ、油揚げを入れる。
  3. ナスを5㎝くらいの短冊切りにする。(あるいは3㎜くらいの半月切りにする。)
  4. だし汁が沸騰したらナスを入れ、(ふつふつする程度の強さで)2分半ほど煮る。
  5. 火を止め、味噌をとく。
  6. お椀に盛り付けて完成。

ポイント

  • 切ってすぐに使うとあく抜きの手間が省け、生活習慣病の改善に役立つ成分も摂ることができます。
  • 温めなおす場合、お味噌をといたあとのお味噌汁は沸騰させると風味が落ちるので気をつけます。
  • 油揚げは下ごしらえして冷凍しておくととても便利です。
  • だし汁とお味噌の量は目安です。お椀の大きさや味の好みでアレンジしてください。

バリエーション
ナスを半月切りにしたもの。
半月切にしたなすのお味噌汁

 

スポンサーリンク

 - お味噌汁 , , ,